誤解を承知で言うならば、3大栄養素のタンパク質・脂質・糖質を男性とするならば、それぞれの相性のいいビタミン・ミネラルは女性なのかもしれません。

「君が居てくれるから、頑張れるよ!」なんて、自分に置き換えると分り易いですね。

自分の好きな人に喜ばれたら、また頑張ろうとしますよね。

今回は、ビタミンについて解説します。
 

 

少量でも無くてはならない

 
「ビタミン」はタンパク質、炭水化物(脂質)、ミネラルとならぶ5大栄養素のひとつです。

ただし、他の栄養素と違ってエネルギーや体の組織をつくる成分にはほとんどならず、他の栄養素が機能的に働くようにサポートする役割を担っています。

 

そして、さまざまな生理機能の維持に努めたり、エネルギーや体組織をつくるための代謝に関わっています。

 

3大栄養素の代謝をサポートするのがビタミンB1、B2、ナイアシンなど。

血管、皮膚、骨などの健康維持にかかわるのがビタミンA、D、B2、B6など。

抗酸化作用を持つのがビタミンA、E、Cなどです。

 

ビタミンは「微量栄養素」といわれ、必要な量はわずかですが、量が満たされないと特有の欠乏症を起こしてしまいます。

 

体内で作れるものもあるのですが、それでは足りないので、食品から摂らなくては成りません。

 

栄養素として不可欠なビタミンの種類は13種で、大きく分けると2つのグループに分類されます。

 

「脂溶性ビタミン」

 
脂溶性ビタミンは、名前の通り油に溶けやすく、熱に強いタイプです。

ビタミンA、D、E、Kの4種で、これらは摂り過ぎると肝臓などに蓄積されて過剰症を起こす危険性があります。

 

「水溶性ビタミン」

 
水溶性ビタミンは、水に溶けやすく熱に弱いタイプです。

ビタミンB群とビタミンCで9種あります。

こちらは、たくさん摂っても体の中に蓄えることができず、必要分以外はそのつど排泄されてしまいます。

何だか、勿体無い気がします。