カフェインと言えば、思い付くのはコーヒーですね。

実はそれ以外にもカフェインをたくさん含む食品または飲料はあります。

長距離ドライブの際には、お世話になることもある筈ですのでご理解いただけると思いますが、飲み過ぎると自宅に戻って風呂に入ってゆっくり休んだにもかかわらず次の日の身体のだるさは経験ありませんでしょうか?

今回は、知っているようで実は良く知らない「カフェイン」について解説します。
 

 

カフェインとは

 
興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつです。

覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用が広く知られています。

主にコーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインは含まれています。

 

カフェインの効果・効能

 
カフェインには脂肪を分解し、燃焼を促す作用があります。

また、有酸素運動に限れば運動能力のパフォーマンスを高める作用もあります。

一時、バターコーヒーも人気があったように、ダイエット効果も報告されました。

 

カフェインに覚醒作用があることから、仕事や勉強に摂り掛る前30分にコーヒーを飲んでからスタートしてみては如何でしょうか。

集中して作業に取り掛かれ、時間が立つことも忘れるほど集中している自分に気付きます。

この状態では、脳内ではドーパミンが放出されているのです。

 

なんといっても、コーヒーの豆を煎ったときの芳醇な香り・・・、粉に引いてドリップする匂い。

私などは中毒なのかもしれませんが、心を落ち着かせる至福の時間を過ごせます。

 

カフェインと副作用

 
何事にも限度があります。

チーズケーキには紅茶とばかりに、3杯も4杯も飲めるはずも有りません。

コーヒーも紅茶にもカフェインが多く含まれるため、その人の体調や摂取量によって許容量をオバーして悪影響を及ぼす恐れもあります。

 

・睡眠不足によるめまい

・依存症による疲労感や頭痛

・飲み過ぎによる胃腸の虚弱

・感冒薬などとカフェインの二重摂取

・利尿作用による脱水

などが考えられます。