1968年、ロックフェラー独占支配体制は、食品への放射線照射を全国規模で拡大するための行動を開始した。 このとき設立された「食品放射線照射連合CFI」は米国内の大手食品会社によって構成されていた。