タバコは、身体に悪いどころか、副流煙の害を肺がんの原因のように言い。

お腹まわりが大きいだけで、メタボと言われ、血の検査をすれば高脂血症だと言われる。

日本は、医療大国と言われるのは、病気を作ってきたから・・・。

もっと言うと、薬剤メーカーのお客さんを作ってきたのかもしれません。

 

基準値下げてエモノごっそり

なぜ、日本に寝たきり老人が多いのでしょう。

その原因のひとつが、コレステロール低下剤です。

病院で血液検査を受けたら、「コレステロールが高め。高脂血症ですね。コレステロール低下剤を処方します。」と医者に仮に言われたとしても、ハイと言ってはいけません。

 

なぜなら、政府(厚労省)は、こっそり、血中コレステロール"基準値“を260から220に下げていたのです。

ハードルを下げれば、それだけ多くの”エモノ“がかかる訳です。高血圧と同じ仕掛け罠です。

 

ところで、皆さんは世界でもっとも売り上げの高いクスリが何だかご存知でしょうか?そうです。察しの通り、コレステロール低下剤「リピトール」なのです。

アステラス製のこのクスリは、2006年には約1兆5734億円も売り上げています(1ドル:110円換算)。

 

「コレステロールを下げる」という謳(うた)い文句で、荒稼ぎです。

この際、恥を忍んで聞きますが、本当に、コレステロールをクスリの力を借りてまで無理矢理下げる必要があるのでしょうか?

 

『コレステロール――嘘とプロパガンダ』(M・ロルジュリル著 浜崎智仁訳 篠原出版新社)という本には、製薬マフィアが薬の売上げのため、”コレステロール悪役説“をでっちあげ情報操作した悪事を告発しています。

また、最新報告では「コレステロールが低いほど死亡率が高い」という全く逆のデータも明らかになっています。

『下げたら、あかん!コレステロールと血圧』(日本評論社)で警鐘を鳴らし続けるのは浜六郎医師

先生は、「コレステロール低下剤で、毎年少なくとも1万人が死んでいる。」と警告されています。

 

コレステロールは、人体にとって貴重な活動エネルギー源です。

それを無理に下げる。すると、身体は筋肉を分解してエネルギー源にしようとします。これが横紋筋融解症です。

※横紋筋融解症とはハードな運動(トレーニング)をした場合や、薬剤の副作用が原因で引き起こすことも知られている、筋肉(横紋筋)細胞が壊れて物質(ミオグロビン)が血管に流れ出し、腎臓を通過(目詰まり)しやがて腎不全を併発します。

コレステロール低下剤を飲み、横紋筋融解症になり脱力、倦怠感にみまわれ、車椅子生活になり、より筋力を退化させ最後には寝たきりになってしまうのです。

 

「メバロチン」というコレステロール低下剤の副作用

メバロチンは、日本におけるコレステロール低下剤のベストセラー商品です。

患者を治す薬として処方されたにもかかわらず、どうしてこんな報告が多く、取扱注意の禁止事項がいっぱい書かれているのだろうか?

もちろん、妊婦、妊娠の可能性のある人、授乳している婦人には使用は認められていない。

原則併用禁止の薬として、フィブラート系薬(腎機能検査値異常時処方)。

副作用として、横紋筋融解症、肝障害(黄だんが出る)、血小板減少(臓器内出血あり)、間質性肺炎、ミオパチー(筋肉が侵されていく症状)、免疫性壊死性ミオパチー、抹消神経障害、過敏症状など

最後は寝たきりで、死を覚悟する事となります。