美白だ、ダイエットだ・・・

いろいろな商品が「コエンザイムQ10」を取り入れて健康志向のユーザーにうけている。

ある意味有名過ぎて、今さらコエンザイムQ10って何?と、聞くことが出来ないあなたのために


今回は「コエンザイムQ10」について解説して参ります。
 

 

「コエンザイムQ10」って何?その働きとは

 
コエンザイムQ10とは、体内のエネルギー生産にかかわる補酵素で、細胞内でのエネルギー生産全てにかかわっています。

つまり、コエンザイムQ10は人間が生きていくために欠くことが出来ない大変重要な物質です。

人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%は細胞内にあるミトコンドリアで生成されています。

コエンザイムQ10はミトコンドリア内に多く含まれ、エネルギー生産に重要な役割を果たしています。

 

また、コエンザイムQ10はビタミンEに匹敵するほど高い抗酸化力があり、細胞膜の酸化を防いで酵素の利用効率を高め、血管や脂質の酸化防止に役立ちます。

新陳代謝やエネルギー生成などを効率よく機能させるための補酵素ですが、ビタミンと同じような働きをすることからビタミンQともいわれています。

 

コエンザイムQ10の効果的な摂り方

 
コエンザイムQ10は、体内で合成することが出来ますが、加齢とともに合成量が低下していくため、疲れやすくなったりすることがあります。

コエンザイムQ10は体内で吸収されにくいとされていますので、サプリメントで補給するか、抗酸化力をさらに向上するためには、ビタミンEと同時に摂取することも有効なのです。

 

コエンザイムQ10の摂取量は化学的にも研究が進められており、

コエンザイムQ10が不足している方なら毎日150mg

ミトコンドリア脳筋症のためなら150~160mg、

心臓麻痺後のケアのためなら1日に100mgを2~3回に分けて服用します。

この様に、症状に合わせて服用の仕方も決まっているほどなのです。

 

また、病気以外の目的の場合なら、健康維持なら1日30mg(30歳以上の方は50mg)

ダイエット目的なら100mgトレーニングや運動を常時されている方なら100mg

体調不良や疲労が溜まっている方は200~300mgを1日に摂取します。

 

脂溶性と言う性質を持っているコエンザイムQ10は、油分を食べた後に服用すると吸収されやすいと考えられています。

サプリを選ぶポイントとしては、吸収率が高い『還元型』の物を選択しましょう。