人類は、女性のイライラに付き合ってきました。

女性は特別な妊娠できる機能があるため、初潮から閉経まで、決められたサイクルで女性ホルモンの働きに向き合いながら、女性の魅力と体調の変化と付き合って来られた事と思います。

男性はお陰で、女性のその魅力と神がかり的な生命の不思議の前に感謝するばかりです。

今回はエストロゲンについて解説します。

 

 

エストロゲンとは

 
エストロゲンとは、卵巣から分泌されるステロイドホルモンの一種です。

卵胞ホルモンとも呼ばれています。

脳の視床下部から脳の下垂体を刺激するホルモンが分泌されると、下垂体が反応して卵胞刺激ホルモンを分泌します。

そこで卵巣が反応し、卵巣の中で眠っている数個が成長し始めます。

 

卵胞の成長が進むと、発育した卵胞からエストロゲンが分泌されます。

そして、受精卵が着床するのに必要な子宮内膜を徐々に厚くフカフカのベッドを作るのです。

 

うまく付き合うエストロゲンの働き

 
実は、エストロゲンは、400以上の働きを持つ身体にとって必要不可欠なものです。

お肌のハリ、髪のツヤ、女性らしい身体のシルエットなど女性ならではの嬉しい効果ばかりです。

 

カルシウムの吸収を促して骨を守り、血管や皮膚の老化を防ぐ役割をしています。

そのため閉経後の女性は動脈硬化や骨粗鬆症に成り易いと言われます。

 

また、エストロゲンは妊娠・出産には欠かすことが出来ないホルモンです。

受精卵が着床すると、もうひとつの女性ホルモンのプロゲステロンが働き妊娠を維持します。

プロゲステロンと共にエストロゲンの分泌量も徐々に増えて、出産まで増え続けます。

妊娠を維持するために子宮を大きくしたり、乳腺を発達させて母乳を作る準備を促すのです。

出産すると、産後2日目から急激にエストロゲンの分泌量が減り、その影響でセロトニンを始めとする脳内神経物質の働きも弱くなるため、肌荒れなどを起こすこともあります。

 

妊娠しなかった場合は、子宮内膜がはがれて生理となり、再びエストロゲンが次の排卵にむけて準備を開始するわけです。

 

このエストロゲンとプロゲステロンの関係は、身体と精神のバランスを保ってくれているのです。

どこまでも際限なく落ち込んだり、どこまでも快。

そんなことは考えられません。

生命の神秘の中で、命をはぐくむための仕組みである筈です。

 

エストロゲンの分泌量と更年期

 
皆さんもご存知の通り、エストロゲンは思春期から女性として一番脂がのって美しい頃(個人差はご勘弁下さい)20~30代をピークに達します。

残念ですが、40代・50代に成ると徐々に分泌は減り、エストロゲンの不足による体調不良が続く「更年期障害」の悩みが出てきます。

 

閉経が起こる前後5年間を更年期と呼び、例えばホットフラッシュ(のぼせ)、ほてり、発汗、イライラ、うつ症状、冷え性、肥満、糖尿病、頻尿や尿漏れ、自律神経失調症などなど、心身共に変化が現れます。

 

女性ホルモンは、一生涯でティースプーン1杯と言われるほど、微量で繊細なものです。

女性として美しくありたいならエストロゲンについて正しい知識を持つことが大切ではないでしょうか。

 

また、よく言われるのは大豆などに含まれるイソフラボンとの関係です。

イソフラボンは、体内に入るとエストロゲンに似た働きをするので、更年期障害の緩和に役立つと考えられています。

 

その他、コーヒーがエストロゲンの分泌レベルを上昇する働きがあるという報告もあります。

アメリカ国立衛生研究所の調査によると、『コーヒー2杯相当のカフェインは、エストロゲンレベルの上昇をもたらす』というものです。

 

これは、エストロゲンの代謝に使われるCPY1A2系酵素が、カフェインの解毒に利用され、エストロゲンが体内に長くとどまることが原因と考えられています。