マーガリンとは、乳脂肪を含まない食用油脂に水等を加え、乳化させた可塑性(形を変えられる)のある油脂で、油脂分が80%以上含まれているものです。

昔は、バターよりも塗り易くバターナイフを刺した状態で冷蔵庫に保存できることにも便利で、朝食にマーガリンをぬったパンを食べたものです。

今回は、マーガリンについて解説します。

 

油に水素を反応させて作る人工食品

マーガリンには、ラードのように常温で固体の油(硬化油)が使われます。

硬化油の原料には、ヤシ油やコーン油などの植物性が使われています。

業務用には魚油も使われることもあります。

これらの油に水素ガスを反応させて硬化油をつくるのです。

この硬化油を造る過程で、トランス脂肪酸[※]が発生します。

ここで乳化剤を混ぜ、まったく水が含まれない状態がショートニングです。

 

※WHO(世界保健機構)とFAO(国連食糧農業機構)の「食事、栄養および慢性疾患予防に関する合同専門家会合」では、食事からのトランス脂肪酸の摂取は極めて低く抑えるべきとして、最大でも1日の総エネルギーの1%未満にするように警告しています。

 

マーガリンはこの硬化油に、水、乳化剤、バター香料、着色料を練り合わせて造ります。

 

やわらかさ、口どけの良さ、バターに近い食感など、硬化油の種類、添加物の種類によっていろいろなタイプのマーガリンをつくることができます。

 

カロリーハーフのネタバレ

マーガリンの油が80%と定義されているのに対し、「ファットスプレッド」といわれるマーガリン様食品は80%未満とされています。

つまり油が50%でも40%でも良いということです。

油分をマーガリンの半分以下にすると、カロリーが半分になるので「カロリーハーフ」とアピールすることもできます。

 

油が少なくなると水っぽく柔らかくなってしまうのですが、ゼラチンや加工デンプン等を使うことで、固さを出すことが出来るのです。

 

マーガリンもファストスプレッドもどちらも、まぎれもないバターのフェイク商品です。

バターは、マーガリンよりも高いです。

冷蔵庫から出して直ぐでは、固いので使う量は少なくて済みます。

芳醇な香りも豊かですので、マーガリンやファストスプレッドより摂取量が少なく、長い目で見ると経済的です。

私たちは、伝統的なバター、化学的加工油脂と添加物を駆使したマーガリン。そして、油を半分にし、ゼラチンや添加物で造られたカロリーハーフマーガリン。

どれを選ぶのか、一度考えてみましょう。

参考に、カロリーハーフ「ファストスプレッド」の商品の「裏」を添付しておきます。

【原材料名】

食用植物油脂、食用精製加工油脂、ゼラチン、食塩、乳化剤、香料、着色料(カロチン)

(原材料の一部に乳、大豆を含む)