チャーハンの上に、高野豆腐と一緒に料理の色どりを良くするために使われるグリンピース。

無くてもよく、有っても別に邪魔には思わないのですが、中にはグリンピースが嫌いという方もあるようです。

強いて言うなら、味が気になるよりも色、そうそこまで緑にするとウソ丸解かりじゃないですか。

今回は、グリンピースに使われる「着色料」について解説します。

 

本物はそんな色していませんから・・・

中には知らない方もあるかもしれませんので、敢えて質問させていただきます。

生のグリンピースを見たことが有りますか?

くすんだような薄い緑色をしています。

ところが、皆さんもご存知のハゴロモのグリンピース缶は、鮮やかな濃い緑色です。なぜでしょう?

 

その鮮やかな緑は、タール色素の黄4と青1によるものなのです。この組み合わせは、ソーダ水などにも使われています。(もしくは、緑3)

 

黄色4号の記事は、ブログ内で以下のURLで紹介しています。

http://killing-islands.com/tyakusyokuryou-ki4/

 

タール色素とは

タール色素が化学合成されたのは、19世紀の後半です。

コールタールを原料として合成されたので、この名前が付けられたのです。

コールタールは、世界で初めて動物実験で発ガン性が証明された物質です。1910年代に、ウサギの耳にコールタールを塗りつづけるという実験が行なわれ、ガンを発生することを確認したのです。

 

その後、コールタールに代わって、石油製品がタール色素の原料に使われるように成ります。

タール色素は、多くの種類があって、食品のほかにも、化粧品、入浴剤、医薬品、消臭剤などいろいろな製品に使われています。

食品添加物として認可されているタール色素は、全部で12品目で、赤2、赤3、赤40、赤102、赤104、赤105、赤106、黄4、黄5、青1、青2、緑3です。

これらは「アゾ結合」や「キサンテン結合」という独特の化学構造をしています。

 

こうした化学構造をもつ化学物質は、発ガン性や催奇形性のあるものが多く、添加物として使われているタール色素も、その疑いを持たれています。

タール色素は、自然界に存在しない、非常に分解されにくい化学物質です。そのため、体に取り込まれた場合でも分解されにくく、ホルモンや免疫などのシステムを乱す心配が有ります。

ですので、出来るだけ取らないようにした方が良いのです。