初めて耳にされた方もあるのではないでしょうか?実は、糖尿病を予防するような凄い力があるのです。

今回は、「ギムネマ酸」について解説いたします。
 

 

ギムネマの作用とその効果

 
ギムネマはインド、東南アジアに自生している「ギムネマ・シルベスタ」というイモ科の植物の葉から抽出された成分です。

ギムネマは、2000年以上も前からインドのアーユルベーダで利用されているハーブで、血糖値の上昇を抑える効果があるそうです。

ギムネマの有効成分は、葉に含まれるギムネマ酸で、このギムネマ酸が小腸で糖質の吸収を阻害し血糖値の上昇を抑えるわけです。

 

人の舌の粘膜内には、「味蕾」という神経細胞がありますが、ギムネマ酸は食品に含まれる『甘(あま)み』を感じさせなくする作用があります。

 

ギムネマ酸に含まれているグルクロン酸が、味蕾の中の『甘み』を感じる味覚細胞と結合するため、糖が口に入っても味覚細胞はそれを認識できず脳に『甘さ』の信号を送れません。

 

グルコロン酸は、『甘み』にだけ作用し、苦み・酸味・塩味・旨味には作用しません。

 

また、食事で摂り入れられた炭水化物などの糖質は、小腸でα‐グルコシターゼという多糖類分解酵素によってブドウ糖に分解吸収されます。

 

α‐グルコシターゼの働きを低下させることで、糖質の分解・吸収が阻害され血糖値の上昇を抑えることができるのです。

ギムネマ酸には、このα‐グルコシターゼの働きを抑制する作用があるのです。

 

インドでは、肥満を治療する薬草(ハーブ)としてギムネマを利用していたそうです。

一般的に食事を摂ると、私たちの体内では血糖値が上がり過ぎないようにインスリンが分泌されます。

このインスリンが大量に分泌され過ぎると、糖を脂肪として蓄えようとします。

ギムネマ酸には、血糖値の上昇を抑え、インスリンが過剰に分泌されるのを抑えることでダイエットをサポートします

 

つまり、ギムネマ酸には糖尿病の予防や症状緩和と、ギムネマを食前に摂ることで、美蕾の甘みセンサーを麻痺させることで食欲を無くす方法なども食事療法のひとつです。

 

ギムネマの摂り方の工夫

 
現在のところ、健康被害の報告はありませんので、基本的には安全性が高いということになります。

従来から服用している医薬品(処方薬)があるときは医師に相談されることを勧めますが、基本的に従来のお薬を減らす方向でお話されるとよいでしょう。

 

摂るタイミングは、食事と一緒にお茶でいただくことをオススメします。

血糖値上昇を抑える働きがありますので、食後より食前です。

 

ギムネマは、お茶や、粉末、抽出物、錠剤などの形でサプリメントとして入手も可能です。