世の中には、聞かない方が良かったこともあります。鈍感な方が、楽で良いこともある。

自分は何者なのか?

今回は、イマザリルについて解説します。

 

イマザリルの用途と前世

イマザリルは、輸入されたグレープフルーツ、オレンジ、レモンなどのかんきつ類に使われている防カビ剤です。

認可されたのは、1992年。しかし、その認可の経緯は、とうてい納得出来るものではないのです。

 

このころ、輸入作物のポストハーベスト、すなわち作物を収穫してからの農薬使用が問題になっていました。

ポストハーベストは、アメリカなどでは貯蔵や輸送のために認められていましたが、農作物に農薬が残留しやすい使い方であり、日本では認められていませんでした。

当時、この問題に取り組んでいた市民グループの日本子孫基金(現・食品と暮らしの安全基金)では、外国産の農作物の残留農薬を調べていて、アメリカから輸入されたレモンに殺菌剤のイマザリルが残留していることを発見しました。

 

つまり、米国では、イマザリルが農薬として認められていて、ポストハーベストとして収穫後のレモンなどに使われていたのです。

 

しかし、日本ではイマザリルは、農薬としても食品添加物としても認められていませんでした。

今の世の中で何者か分らない以前に、前世でも存在していなかったわけです。

このレモンに付着していたイマザリルは、日本に入ってきた段階で、

食品衛生法に違反していました。

 

日本の対応と人体影響

当時の厚生省は、すぐにイマザリルを食品添加物として認めてしまったのです。

本来、輸入品が食品衛生法上の違反をしたレモンは、廃棄されるものです。

ところが、日本は米国が怖かったわけです。

国民の健康を守ることよりも、アメリカが日本にレモンを輸出できることの方が大切だったわけです。

 

では、イマザリルの毒性について確認しておきましょう。

先ず、急性毒性LD=277~371mg/kg。

これは、どのくらいの毒性かというと、LD=500mg/kgより小さい食品添加物は、一般的に急性毒性が強いということになります。

急性毒性を示す数値は、実験動物の半数が死亡する投与量のことです。

つまり、動物の体重1kg当たり、277~371mg(0.277~0.371g)を口から与えると半数が死んでしまうということです。

人の推定致死量は、20~30gです。

海外では農薬として使われ、毒性が強い化学物質を食品添加物として認可した厚労省は、胸が痛まないのでしょうか?