そもそも、「後付けで□□は、〇〇に効果あり?!」とか・・・私たちの体は本来病気や体調不良を抱えて産まれて来ませんでした。

誤解があるとイケませんので、一部には先天性の病気を抱えて産まれてくるお子さんもいます。

しかし、ほとんどの方の悩みは不健康。生活習慣や食した今までの食事や、アルコールの多量摂取のせいですよね。

今回は、どれ程の働きがあるのか「イノシトール」について解説します。
 

 

イノシトールってなに?

 
イノシトールとは体内では筋肉や神経細胞に多く存在する物質です。

分類としては、ビタミン様物質(ビタミンに似た生理作用をもつ有機化合物)になっています。

 

イノシトールは体内ではグルコースから生成されています。

リン脂質(脳内物質)の重要な成分でもあるため、特に神経の細胞膜に多く含まれています。

脳細胞への栄養補給や、脳内での化学伝達など正常な神経機能の維持などの重要な役割を担っています。

 

また、イノシトールは産後の数日間に出る母乳の初乳に多く含まれていて、赤ちゃんにとって必要な成長物質です。

母乳を飲むことができずに育つ赤ちゃんは、母乳を飲んで育った子どもたちと成長期にどれ程の差があるのか、気になるところです。

 

イノシトールの効果効能

 
イノシトールは別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれ、脂肪の流れをスムーズにし、肝臓に脂肪がたまらないようにする働きがあります。

つまりは、一口で言ってしまうと脂質異常症を改善します。

 

なぜ、抗脂肪肝ビタミンと言うかというと、イノシトールを摂取すると肝臓で脂質が合成されるときに、中性脂肪の代わりにイノシトールリン脂質に変化するのです。

このため、脂肪肝の元になる中性脂肪が増えにくくなります。

つまり、中性脂肪が増えないということは、LDL(悪玉)コレステロールが増えないことに繋がります。

ということで、肝臓に余分な脂質がたまらない訳です。

 

確認して置きますと脂肪肝とは、肝臓内に中性脂肪がたまってしまう状態です。

ご存知の通り、外見からは分りません。ですので、本人の自覚がないこともあるわけですね。

現在では日本人の4人に1人、男性では3人に1人が脂肪肝ともいわれています。

 

イノシトールは体内にある脂質の代謝を促進し、肝臓への脂肪蓄積を防ぐ働きがあるだけでなく、コレステロール値を下げる作用もあるとあされています。

 

血管に余分なコレステロールが溜まることで起きる動脈硬化の予防にも効果が期待できます。

アルコールを日常的に飲む人やコレステロール値が気になる方は、意識してオレンジ・グレープフルーツ・スイカ・メロン・豆類などに多く含まれていますので摂るようにしたいですね。

 

この他、ハゲも文化であると個人的には考えているのですが、イノシトールが育毛や発毛効果があることが解明されています。

これはイノシトールが持つ神経細胞を正常に働かせる作用によるものだそうで、あらゆる器官に刺激を伝達する神経細胞は頭皮の健康に関する情報伝達にも関わっているからです。