私たちは、よくラーメンを食べます。

インスタントラーメン、カップめん、屋台の夜鳴きそば何てついついドンブリを以って、チャルメラを追いかけます。

ラーメンの麺には、かんすいが使われますが、その詳細については気にしたこともありませんでした。

そう言えば、プンっと鼻に付くときがありますね。

今回は、そんな「かんすい」について解説します。

 

一括名表記の「かんすい」は、化学物質の組み合わせ

かんすいは、ラーメンの独特の風味と色合いを出すために使われます。

かんすいは、1種類以上の化学物質を組み合わせて作られています。

 

以下が、含まれている化学物質です。

炭酸K(無水)/炭酸Na/炭酸水素Na/ピロリン酸四K/ピロリン酸二水素二Na/ピロリン酸四Na/ポリリン酸K/ポリリン酸Na/メタリン酸K/メタリン酸Na/リン酸三K/リン酸水素二K/リン酸二水素K/リン酸水素二Na/リン酸二水素Na/リン酸三Na

リン酸の化合物が多いのですが、リン酸をたくさん摂取すると、カルシウムの吸収が悪くなって、骨がもろくなるので摂り過ぎには注意が必要です。

 

かんすいの人体影響

炭酸Naは、人間が大量に摂ると、胃や腸の粘膜に傷がつきます。

胸やけの原因は、炭酸Naかも知れません。

 

ポリリン酸Naの場合、3%含むエサをラットに24週間食べさせた実験で、腎臓結石ができました。

 

メタリン酸Naの場合、10%含むエサを1ヵ月食べさせた実験で、発育が悪くなり、腎臓の重さが増えて、尿細管に炎症が見られました。

 

この様な、結果をくみ取って、注意喚起するべき化学物質の混合であっても

「かんすい」という一括名しか表示されないので、私たちには何が使われているか分らないという問題があります。