もともと、赤ちゃんの誕生後、すぐに免疫力をお母さんのオッパイから栄養と同時に摂れる。

そう、赤ちゃんを丈夫に育てるための物質だったのですよね。

今回は、大きな可能性を秘めた話題の「ラクトフェリン」について解説いたします。

強力な抗菌作用で感染症から体を守る

母乳や汗、涙などに含まれる糖タンパク質。牛乳やチーズなどの乳製品にも含まれています。

歴史は、1939年に牛乳中に含まれる「赤色タンパク質(レッド・プロテイン)」として初めて報告されました。

 

強力な殺菌効果があり、乳児の感染症予防、大人の免疫強化、炎症の抑制などに働いてくれます(その他、整腸作用、胃潰瘍の原因菌であるピロリ菌治療効果、歯周病抑制)。

多くの細菌は成育するのに鉄を必要としますが、ラクトフェリンは腸内で鉄イオンと結合し、細菌の成長を止めることができるのです。

 

また、腸内で過剰になった鉄イオンと結合する働きにより、活性酸素の発生を抑えるとも言われています。

ほかにも、中性脂肪を減少させたり、傷を早く治すなどの実験結果が報告されています。

 

ラクトフェリンは、胃の中で「ペプシン」という酵素に分解されます。

その一部が「ラクトフェリシン」という抗菌ペプチドに姿を変えるのです。

この「ラクトフェリシン」はラクトフェリンよりも強力な抗菌作用を持ち、胃や腸でラクトフェリンと一緒に働きます。

このとき、腸まで届くと病原性大腸菌などの悪玉菌に対し強い抗菌作用を破棄するのです。

 

腸は私たちの健康のバロメータです。腸内環境は腸内細菌のバランスによるところは、ご存知の通りです。

ラクトフェリンが、大腸菌などの悪玉菌を住みにくくすることで、善玉菌が増殖しやすい状態からお腹の調子が良くなるのですね。

 

特に細菌やウィルスを食べてくれる「マクロファージ」や、「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」を増強させる効果が、免疫力に大きな貢献をしています。

これが、ガン予防やC型肝炎への効果の一因と考えられているのです。