とても身近にある存在で、摂取しやすいこんなにも強い味方があった。

人の細胞を活性化してくれるなんて多くの食品成分が私たちを支えてくれているのですね。

今回は、「レクチン」について解説します。
 
 

細胞を活性化させ、有害な細菌から体を守る働き

 

レクチンとは・・・

・免疫反応の産物以外の、糖結合性のタンパク質または糖タンパク質で、細胞または複合糖質を凝集するもの。

・2つ以上の結合部位があり、動・植物細胞を凝集することができる。

・凝集は、単糖またはオリゴ糖により特異的に阻止される。

と定義されています。

一般的に、レクチンは糖に対する特異的結合活性を持った物質の総称として用いられます。

 

ジャガイモや豆類に多く含まれるタンパク質で、免疫機能を高め感染症を予防する働きがあります。

赤血球を固まらせる働きがあることから植物性血球凝集素と呼ばれていましたが、動物の組織にも含まれていることがわかりレクチンと名付けられました。

 

細胞の表面にある糖タンパク質や糖脂質と結びついて細胞を活性化させ、細胞に付着した有害な細菌の増殖を防いだり、細胞自体の免疫力を高めます。

レクチンの作用を受けた細胞は、いろいろな可溶性物質をつくり出したり、細胞を分化させる、免疫グロブリンをつくるなどの方法で免疫機能を高めます。

 

細胞を活性化させ、免疫力を高めてくれる「レクチン」も、アレルギー体質の方やグルテンフリーダイエットをされている方にとっては、害があることも報告されています。

調理の下処理の方法や調理方法によっても、レクチンの影響を軽減できます。