人の体には、つくづく驚くことばかりです。

というのも、知れば知るほど理にかなっていることに気付かされます。

自分の不勉強を反省もしながら、ここでは「ミネラル」について解説して参ります。
 

 

ミネラルってなに?

 
この地球上にたくさんある元素のうち、4元素を除いたものを「ミネラル(無機質)」といいます。

3大栄養素、ビタミンと並んで、5大栄養素のひとつに数えられています。

ミネラルは直訳すると「鉱物」です。

その名前の通り、天然に生成されてきた無機物質のことです。

「ミネラルたっぷりの天然水」なんていい方をされるのもご理解いただけると思います。

 

人体に存在する元素は約60種類といわれますが、最も多いのが酸素65%で、次いで尿素18%、水素10%、窒素3%となり、4元素で96%を占めています。ですので、残りの4%がミネラルということになります。

 

このうち、栄養素として欠かせないミネラルが、16種類が上げられます。さらにそのなかで1日の必要量が100mg以上のものを『主要ミネラル』100mg未満のものを『微量ミネラル』と呼んでいるのです。

 

ミネラルの働きとは

 
ミネラルの働きはそれぞれ異なるのですが、カルシウム、リン、マグネシウムなどは、骨や歯などの硬組織をつくります。

また、ヘモグロビンの鉄、リン脂質のリン、含硫アミノ酸の硫黄はタンパク質や脂質などと結合し、体成分となっています。

ほかにも、浸透圧の調節、筋肉収縮や神経伝達、酵素の補酵素や生理活性物質の成分として代謝調節に関わっているのです。

 

体液や組織液のミネラルは、いつも一定の濃度で保たれていますが、食事から摂取するミネラルの過不足が長く続くと、この恒常性※が保てなくなります。そして、各ミネラル特有の欠乏症や過剰症が引き起こされてしまうのです。

 

※恒常性とは、環境条件などが変化しても、体温や体液のpHを一定に保つことを恒常性といいます。恒常性を保つ能力が高いほど健康度が高いといえます。