ナトリウムと塩素が反応して出来たものが、塩。

 

今回は、そんな「ナトリウムと塩素」について解説して参ります。

 

最も身近なミネラル

「ナトリウムと塩素」とかいわれても、字面だけ見るとそれがどうしたの?って、難しい話は御免です。

実は、このナトリウムと塩素は私たちには、とても身近なミネラルなのです。

ゆで卵に付けて食べたり、さまざまな料理の味を整えたり日頃から私たちの生活を支えてくれています。

 

塩は「塩化ナトリウム」といいますよね。

人は、塩を摂ることで、「ナトリウム」と「塩素」を摂っているということになるのです。

 

人の体には、ナトリウムとして約100g含まれています。汗や涙がしょっぱいのはこのせいですね。

体内に入った塩は、その98%は尿として排泄されますが、長期間塩分を摂り過ぎると、むくみや血圧上昇を招いて、生活習慣病を引き起こす原因に成ると言われています。

単純に塩分の摂りすぎは良くないと悪者扱いされていますが、人体には欠かせないミネラルなのです。

 

ナトリウムと塩素の働きとは

ナトリウムと塩素は、体の水分調節を行なっていますが、細胞と細胞の間にある細胞間液や、体内を巡る血液の量とpHをコントロールしているのです。

また、ナトリウムには、筋肉の収縮・弛緩(しかん)作用に関わっています。この現象は、「イオンポンプ」と呼ばれる細胞膜の機能によるものです。

 

いい塩梅で!?

日本で塩を使うようになったのは、3000年程前の縄文時代の末期と言われています。

狩猟をして暮らしていたころは、肉食動物から主に塩を摂っていました。そして、農耕が始まり主食が米やヒエなどの植物になったことで、塩分不足が始まったのでしょう。

今は、塩は立派な調味料です。

調味料の「さしすせそ」は、砂糖・塩・酢・しょうゆ・味噌。

和食の調理の味付けの順を現わしたものですが、しょっぱいと感じる味を担当しているのが「塩」です。

しょうゆや味噌にも含まれていますが、塩は味付けだけではなく、素材のうまみや甘味、水分を引き出したり、腐敗防止、酸化防止など調理に役立つ働きを持っています。

塩ゆでや塩もみ、魚を焼くときのふり塩など料理の下処理にも活用します。そう、実にいろいろな形で塩には世話になっています。

 

“料理上手は塩上手”と言われるほど、塩加減は微妙なものです。塩が強過ぎても少な過ぎてもNG。いい“塩梅”を知ることは大切です。

 

摂り過ぎるとどうなるのか?

ところで塩分を摂り過ぎるとどうなるのかと言うところも、解説しておかなくてはいけません。

 

喉が渇きます。もっと分り易く言うと、しょっぱいラーメンを食べたら、すぐに水が欲しくなるよね。

これは、血液など体液の濃度が濃くなって、一定の濃度を保つために体が水分を欲するからです。

そうすると体液の量が増えて血圧が高くなり、さらに体液を尿として排泄する機能を持つ腎臓にも負担がかかります。

 

結果的に、むくみや高血圧、腎臓病、心臓病疾患の恐れがあります。

と言っても、あくまで摂り過ぎが毎日続けると問題があるでしょうけど、1日や2日で高血圧になったなど、聞いたことは御座いません。

成人が食塩相当量で、1日あたり10g未満が、ナトリウムの目標摂取量です。