最近、腸内環境を整えることは健康の条件のように、生きたまま乳酸菌を腸まで届けると云々、ダイエットや健康志向も手伝って今では常識のように聞かない日は無いほどですね。

今回は、乳酸菌について詳しく見ていきます。

 

乳酸菌と腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の関係

まずは、腸の構造についておさらいしておきましょう。

腸は大きく小腸と大腸に分かれており、小腸は十二指腸、空腸、回腸に分けられ、食べ物を消化吸収して栄養をする大切な臓器です。

大腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられ、小腸で消化吸収された食べ物の残りカスから水分を吸収して排便し易い便をつくっているところです。

個人差はありますが、人間の小腸は6~7m、大腸は1.5mといわれています。

小腸の方が大腸より長くて面積も大きいのですが、病気が起こるのは大腸の方が多いそうです。

大腸ガン、大腸ポリープ、大腸炎、大腸カタルなどを見ると、随分大腸の環境が病気に繋がるのかって思いますよね。

 

そこで、「乳酸菌」の登場となるわけです。

乳酸菌は大腸内で糖質を分解して乳酸をつくってくれる細菌の総称なのです。

つまり、食べ物の残りカスを腐らせるのではなく、発酵させる力があるということです。

ご存知の通り、発酵食品は腐りにくく、長期保存が可能です。

これは、食品が発酵したことで酸性化して腐敗や食中毒を引き起こす菌の繁殖を防ぐからです。

このように、腸内でも同じことを起こしてくれるのが乳酸菌なのです。

 

乳酸菌の種類は200以上もあり、例えばビフィズス菌、ブルガリア菌、ヤクルト菌なんかも乳酸菌の一種で、ヨーグルトの商品の種類も多くあるので随分身近に感じます。

また、漬物やキムチ、味噌や塩麹にも豊富に乳酸菌は存在しています。

 

腸内に話を戻すと、腸内には500~1000種類の細菌が常に100兆個以上生息しているそうです。

もちろん、人の体内で常在細菌の種類も数も最も多いのが腸内なのです。

そしてこれらの細菌には人の体に有用な菌「善玉菌」、悪い作用を起こす菌「悪玉菌」、そしてそのどちらかが優勢な方と同じような働きをする菌「日和見菌(ひよりみきん)」があって、互いに一定のバランスを保ちながら存在しています。

 

この様に腸内で形成された細菌の集合体のことを『腸内細菌叢(腸内フローラ)』と呼ばれます。

この腸内フローラのバランスを整えてくれるのが、まさに乳酸菌なのです。

 

乳酸菌の働き

乳酸菌と言えば、納豆やヨーグルトのように発酵食品が体にいいとされていますので、毎朝食べていますって人もいらっしゃいます。

腐った食べ物は食べると、お腹を壊したり、下痢をしたりするね。

でも納豆やヨーグルトを食べてもお腹が痛くなったり、下痢を起こしたりよっぽどでもない限りしないはずです。

細菌の作用によって起こる変化であるのに「発酵」と「腐敗」とではまるで逆です。

私たちの腸内でもこの様に、発酵させる菌と腐敗させる菌がいて、どちらが優勢になるか常に闘っているのです。

そこで乳酸菌は、腐敗に繋がる悪玉菌を抑えて、発酵を促進させることで腸内環境を整えているわけです。

 

まず、免疫力が活性化します。

全身の免疫細胞のうち、60~70%が腸にあることから、免疫力が高まると風邪やウィルス性の病気からアトピー性皮膚炎、花粉症などの予防と緩和、それに便秘予防や改善にも効果があるのです。

また、大腸ガンの原因は食生活の欧米化が考えられますが、和食中心の納豆や味噌など乳酸菌が豊富な食品や、植物繊維の多い野菜を食べることで腸内環境を整え、ガンなどは未然に予防できます。

 

さらに、乳酸菌は難消化性の糖質を分解して短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、乳酸など)、ビタミン(ビタミンK、葉酸、ピオチンなど)、アミノ酸(リジンなど)をつくり、栄養的にも代謝を補っているのです。

少しでも意識して乳酸菌を摂取して、腸内に存在する善玉菌を増やして腸内環境を整えたいものです。

 

腸内細菌のバランスが肝心

 
まず、健康な腸内環境を維持することが、完全にイコール心身ともに健康かといわれると疑問が残ります。

しかし、腸内の環境が体調を左右することにも頷けます。

例えば、便秘で悩む人は、吹き出物や化粧のりについても悩んでいる筈だし、ダイエットを日々の目標にしている方には、食事やお通じは大きな関心事であります。

健康な日常は、自分の食べた食事と腸内環境に掛かっています。

そして、健康な人の理想的な腸内細菌のバランスは、「善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%」と知ったら、もう少し興味も湧いてきます。

 

以前にもいいましたが、どっちにでも優勢な方に付く日和見菌は、一気に腸内環境を良くも悪くもできる中立な菌でした。

腸内バランスを整えるには、善玉菌を強くして日和見菌を味方につける必要があります。

ただ、善玉菌が全ていいかというとそうでない善玉菌がいますので、腸内環境も意外と難しいのです。

 

善玉菌の代表として、乳酸菌とビフィズス菌は良く知られています。

その特徴のひとつに、「乳酸菌」は酸素がないところでも生きられるのですが、「ビフィズス菌」は酸素があると死んでしまうのです。

腸内では両者は協力して、悪玉菌から守ってくれているのです。

ところで腸内細菌のバランスは、以前加齢によっても変化しました。

乳幼児の腸内では善玉菌であるビフィズス菌が優勢なのですが、高齢になるに従って減少することも分かっています。

つまり、善玉菌の減少は老化を促進させる要因とも言えるのです。

老化現象だけではなく、バランスが崩れることでお腹だけでなく、体全体の調子が悪くなってしまうのです。

 

善玉菌を増やす食品は、前に紹介したとおりですが、ヨーグルトひとつとっても自分の腸内環境に合うものと合わないものがあるようです。

自分のおなかに合った食べ物を探してみましょう。