テレビでコメンテーターが、良いと言えば「買いに行かなくっちゃ!」

ある意味面倒なことは考えずに、夕飯の献立もテレビ任せ。

恐ろしい時代になりました。

本当にテレビを見ると「食べる」ことばかりをやってるので、痩せたいと思っている方には正直毒です。美味しそうな店を紹介したり、食べたり。見ると欲しくなるのは当たり前です。実に辛い!

今回は、ダイエット志向の方の味方でもある「オリゴ糖」について解説します。

 

腸内細菌のエサになる

「オリゴ糖」は人の体内では母乳の成分から発見された、腸内環境を整える機能性成分です。

食物繊維とともに、腸内の乳酸菌のエサになって善玉菌が優位な環境になるように働きます。

オリゴ糖は、単糖が数個結合して出来ていて、少糖類とも言います。

また、便秘の予防や改善に効果があり、お腹の調子を整える特定保健用食品として認められています。

オリゴ糖を大別すると、消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖があり、とくに人の消化酵素では消化されない難消化性オリゴ糖は、エネルギー源になりにくい、甘味があるので砂糖の代わりになる善玉菌を増やす虫歯予防、といった多くの機能が注目されています。

 

オリゴ糖の本当の実力は、ビフィズス菌(善玉菌の代表選手)の力を借りて、私たちが健康に欠かせない有機酸をつくり出すことです。

オリゴ糖のお陰で、腸内で栄養価の高いヨーグルトをつくっているかのように、オリゴ糖はビフィズス菌によって発酵を促進させて、乳酸や酢酸などの有機酸へと変化し、これが大腸で吸収されいろいろな面で健康を守ってくれているのです。

ビフィズス菌が増えると、日和見菌も有用な菌に変身し、食物繊維・乳酸・乳糖などを発酵し、酢酸、酪酸、プロピオン酸、ギ酸などの短鎖脂肪酸を積極的に作り出すのです。

酢酸と言えば、お酢の主成分です。当たり前に体にはいいです。

そのお酢をせっせと大腸で生産して、いつでも健康のために腸内細菌が働けるのです。

これが、オリゴ糖の本当にすごいの働きひとつなのです。

 

また、オリゴ糖は腸内細菌により、ビタミンK、B1、B2、B6、B12、ビオチン、葉酸などに合成されるのです。

体のビタミン補給に重要な働きをしているのです。

バナナ、ハチミツ、きな粉、サツマイモはオリゴ糖や食物繊維を多く含み、しかもヨーグルトと一緒に食べると乳酸菌の働きがより強くなるのでオススメします。

 

オリゴ糖の種類

オリゴ糖は、母乳の成分から発見されただけあって、赤ちゃんにとってもやさしいことがよく言われます。

あなたは、どのオリゴ糖がお好きですか?種類について見ていきます。

 

イソマルトオリゴ糖

砂糖の30~55%程度の甘さで、コ

クのある味わいが特徴です。

腸内環境の改善、虫歯予防などに用い

られ、防腐効果もあるので、保存食に

も向いている。

 

マルトオリゴ糖

砂糖に似た味わいで、甘味は砂糖の3

0%程度です。

甘味料や料理のコクを出す添加材とし

て利用されています。

 

トレハロース

砂糖の45%程度のさっぱりとした甘

味があります。タンパク質やデンプン

安定に保つ性質があり、食品の品質

保持や化粧品、医薬品などに広く利用

されています。

 

ビートオリゴ糖

ビート(甜菜)などに含まれ、ラフィ

ノースとも呼ばれます。腸内環境を整

え、便秘を解消する効果があります。

 

大豆オリゴ糖

大豆に含まれるオリゴ糖の総称です。

砂糖の70~75%程度の爽やかな甘

みがあり、1gあたり3kcalのエネル

ギーとなります。

 

フラクトオリゴ糖

砂糖の30~60%程度の自然な甘み

があり、1gあたりカロリーは約2kcal

です。お腹の調子を整える、カルシウ

ムの吸収を促進するなどの作用があり

ます。

 

ガラクトオリゴ糖

母乳に含まれ、赤ちゃんが初めて体内

に取り入れるオリゴ糖です。虫歯予防

、カルシウムの吸収促進などの作用が

あります。

 

パラチノース

砂糖の30%程度の自然な甘さがあり

ます。天然ではハチミツやサトウキビ

に含まれ、血糖値の上昇が穏やかなの

が特徴です。

虫歯を防いだり、糖尿病患者用の甘味

料として使われます。

 

オリゴ糖はなぜ太りにくいのか?

砂糖(上白糖)のgあたりのカロリーが半分程度ということで、明らかに同じ量を仮に使ったとしてもそもそも摂り過ぎない限りカロリーオフです。

もともと人が消化吸収出来ない構造のものである事。

また、「コレステロール値を低下させ」「血液中の中性脂肪を低下させる」ことから、

「食事中の血糖値の急上昇を抑える」働きもあるからです。

腸内細菌のなかの善玉菌の栄養(エサ)となる※ことから、便秘を根本から改善でき、

そしてお腹まわりをすっきりさせ、免疫力のアップにも繋がります。

 

※オリゴ糖は、悪玉菌のエサには成らない。