一番なじみのある機能性成分である「ポリフェノール」のことを詳しく見て、上手に摂りたいものです。

ただの飲み助だった紳士・淑女は、実は秘めたる賢い知識を持っています。

今回は「ポリフェノール」について解説いたします。

 

ポリフェノールの働きとは

ポリフェノールは、赤ワインに含まれていることで話題になりましたね。機能性成分のひとつですが、赤ワインだけではなく多くの植物に存在する色素や苦み、渋みの成分となる化合物の総称とされます。

5000種類以上あるともいわれています。

 

ポリフェノールは色素成分であるフラボノイド系と、色素以外の成分であるフェノール酸系とに分けられています。

どちらも活性酸素を消去する抗酸化作用があり、アンチエイジング効果の強い味方でもあります。

その他にも殺菌作用、女性ホルモン様作用、目の機能改善、アレルギー抑制、血行促進、肝機能の強化など、それぞれの種類が独自の機能を持っているのです。

水に溶けやすく吸収されやすいので、摂取してから約30分後には体内で抗酸化作用が発揮されます。

ただし、たくさん摂取しても体内にはほとんど貯蔵されず排泄されてしまいます。

即効性はあっても、その効果は2~3時間しかありません。

ですので、毎食少しでも摂取することが大切です。

 

【色】のポリフェノールの種類

ポリフェノールは植物の光合成によってできる成分で、ほとんどの植物の葉や茎などに含まれています。

それぞれに異なる機能があり、強力な抗酸化作用を持っていることはお伝えしました。

たとえば赤~青色の色素成分であるアントシアニンを見ると、ブルーベリーやブドウなどに多く含まれています。

とくに目(視覚機能)に良いとされています。

無色から淡黄色の色素成分であるイソフラボンは、大豆の胚芽部分に多く含まれ、女性ホルモンのひとつエストロゲンに似た働きを持つといわれています。

 

野菜や果物は、緑、赤、青、黄色、黄緑、紫・・・と色鮮やかです。

食卓に色とりどりの野菜や果物があると食欲も湧きます。

そして、キレイな色の野菜を食べていると、自然とポリフェノールを摂れるということです。

ナスニン

ナスの皮に含まれるアントシアニン系

の紫色の色素。

強い抗酸化力を持ち、眼精疲労の緩和

動脈硬化の予防などに役立ちます。

 

ケルセチン

玉ネギ、ホウレン草、ブロッコリーな

どに含まれる淡黄色の色素成分。

LDLコレステロールの酸化防止心臓

病予防などの効果があります。

 

テアフラビン

紅茶の発酵過程で作られる橙赤色の成

分。抗菌抗ウィルス高血圧抑制

どの作用があります。

 

ルチン

柑橘類やソバに含まれる淡黄色の成分。

毛細血管の強化作用があり、心臓

脈硬化、高血圧を予防します。

 

クルクミン

ターメリック(うこん)やマスタード

に含まれる黄色い色素成分。

肝機能を強化し、肝炎や肝臓障害に効

果があります。

 

ゲニステイン、ダイゼイン

無色~淡黄色の色素成分で、女性ホル

モンのエストロゲンに似た作用があり

ます。いずれもイソフラボンの一種で

、大豆や大豆製品に豊富に含まれてい

ます。

 

アントシアニン

プルーンやブルーベリー、柿などに含

まれる赤~青色の色素成分。

血行の改善視力回復などに効果があ

ります。

 

【味】のポリフェノールの種類

今度は味覚で感じるポリフェノールの話をしましょう。

大人になると、コーヒーはやっぱりブラックと言って、ミルクで割らずに飲んだ日のことを今でも覚えています。

私たちの日常で気分転換やONとOFFを切り替えるというタイミングにも利用されてきました。

時にはいいアイデアが閃いたり、時には千利休のように権勢を動かすほどの一服をもてなした人もいます。

実はこのポリフェノール、私たちの疲れた身体や脳に疲労回復の役割を担っていたのです。

お薄、お茶、紅茶、コーヒー、ココアなどまた、柑橘系や赤ワイン、大豆にも・・・決してどなたにも美味しくはないのかも知れませんが、良薬口に苦しという言葉があるように渋みや苦みのある食べ物には優れた効果があるのですね。

 

ヘスペリジン、ナリンゲニン

グレープフルーツなど、柑橘類の皮に

多く含まれる苦み成分。

毛細血管を強化して血流改善発ガン

抑制などの作用があります。ナリンゲ

ニンはオレンジやトマトにも含まれて

います。

 

カカオマスポリフェノール

チョコレートやココアの原材料である

カカオ豆に含まれる。

ピロリ菌や病原性大腸菌の増殖抑制

虫歯予防ストレス解消に効果があり

ます。

 

クロロゲン酸、カフェ酸

コーヒー特有の香りと色、苦味成分。

コーヒーを焙煎することによってクロ

ロゲン酸がカフェ酸に分解されます。

肝ガン肝硬変の予防などに効果があ

るとされています。

 

ショウガオール

ショウガの辛味成分ジンゲロールは、

加熱するとショウガオールに変化しま

す。

鎮痛作用抗菌血行促進作用などが

あります。

 

大豆サポニン

大豆や大豆製品に含まれる苦みや渋み

などの成分。

強い抗酸化作用があり、肝機能改善

免疫力向上などに働きます。

 

その他のサポニン

高麗ニンジンの他にも、アスパラガス

やホウレン草、ウーロン茶などに含ま

れます。

免疫力を高めてガンを予防する効果が

あるとされます。

 

カテキン

緑茶に最も多く、番茶、紅茶、ウーロ

ン茶などに含まれる茶の渋味成分。

血圧上昇抑制抗ガン殺菌抗アレ

ルギー作用などがあります。