実は、私なりの知識の中では「リン」と言えば農薬・肥料のイメージがあるのです。

ですから、ミネラルの1種の「リン」とはピンと来ないわけです。

今回は「リン」について解説して参ります。

 

カルシウムとのバランスが大切な理由

お互いに関わりながら、ほんの少しの量で人体に機能しているそれぞれのミネラルのことを知るに付けて、本当に人間の体は神がかっていると言わざるをえません。

 

まず、「リン」の働きについて言わねばならないのですが、「リン」は骨や歯の材料となり、強く丈夫な身体のために活躍しているのです。

 

成人の体内に約780g含まれていて、その85%は骨や歯の構成成分としてカルシウムと一緒に存在しているのです。

体内のリンの量は、尿の排泄によってバランスをとっています。

腎臓が働かない状態ではリンの排泄がうまくいかないので、高リン血症を引き起こすことになるのです。

 

ほかにもエネルギーづくりに関わったり、細胞膜で働いたり、脳や神経がきちんと働くように保全することも、リンの働きなのです。

後ほど、多く含む食品は紹介するとして、ここでは過剰摂取の恐怖について話をしておきます。

 

過剰摂取の恐怖

さまざまな食べ物に広く含まれているので、足りなくなるという心配は余りありませんが、不足すると血液の中の量が少なくなって神経の病気になる可能性があります。

 

それよりも実際は、過剰摂取の方が心配です。

私たちの大好きなインスタント食品や清涼飲料水に使われているので、ついつい摂り過ぎてしまうのです。

すると、カルシウムや鉄の吸収が悪くなって、骨粗鬆症になったり、腎臓病になったりするのです。

 

本来はリンとカルシウムをバランスよく、同量(1対1)に摂取したいのに、リンを摂り過ぎる傾向にあるのです。

ですので、鉄を吸収したい貧血の方や、骨の成長が重要な10代、また骨量が不足しやすい高齢者は特に注意が必要ですね。

 

リンを多く含む食品

リンを多く含む食品は、肉や魚、大豆などのタンパク質です。

体によく吸収される比率は、リンとカルシウムが「1対1」と言われています。

 

【1食あたりの含有量(mg)】例

<スルメ(加工品)>

1皿=50g 含有量=550mg

<キンメダイ>

1切れ=100g 含有量=490mg

<マイワシ(丸干し)>

2尾=50g 含有量=285mg

<牛レバー>

1皿=80g 含有量=264mg