また飲み過ぎてしまって・・・過去には、お酒で朝起きるのが辛い日が何度かありました。

ユンケル飲んでおいても余り効果ないんだ。

今回は、タウリンについて解説して参ります。

 

タウリンの働き

タウリンは、血圧やコレステロールまた血糖値が高い方、疲労肝や体のむくみや息切れなどの自覚症状のある方にはオススメの食品成分です。

アミノ酸の一種で、体内では肝臓や筋肉、脳、心臓などに高濃度で含まれています。

タウリンには、私たちの体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用(ホメオスタシス)があります。

 

高血圧を改善する働きがあり、動脈硬化、心不全、心臓病なども予防するのです。

また、血中コレステロール値を下げ、肝機能を高める働きもあります。

 

肝臓の働きを助ける

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。

タウリンによって胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロール値も下がるというわけです。

また、タウリンにはインスリンの分泌を促す作用もあることから、糖尿病の予防効果もあるとされています。

 

肝臓の負担を軽減する

アルコールが体内に入ると、一旦肝臓内でアセトアルデヒドに分解され、さらに酵素によって再分解されるのです。

この分解作業が肝臓に大きな負担を掛けているのです。

このときに、カキなどに含まれるタウリンを摂取すると、酵素の働きを助け、アルコールの分解にかかわる肝臓への負担を軽くしてくれます。

 

中性脂肪を取り除く

最近では、若年層でも隠れ肥満が増えているといいます。

このことは、肝臓にも例外は無く肝脂肪が肝臓に溜まり、動脈硬化を始めとする多くの生活習慣病の原因でもあるのです。

タウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、肝脂肪を改善する働きがあります。

そう、タウリンは肝臓内の中性脂肪を取り除いてくれるのです。

さらに、肝臓から脂肪を外に運び出す働きをしてくれるのです。

 

肝臓のろ過機能アップ

私たちは日常の食事から、添加物などを通して分解できない毒素を内臓に溜めこんでいます。

そして、特に肝臓ではそんな毒素を併設する機能が衰えると、ダイエットをしても痩せにくかったり、疲れやすかったり、肌荒れの原因になったりと、良い事無しです。

 

◆毒素が溜まる原因とは

1.血液やリンパの流れが悪い

2.腎臓や肝臓のろ過能力の低下

3.尿や便また汗で(毒を)排泄能力の低下

などが考えられます。

 

肝臓機能の低下も手伝って、代謝も悪く悪循環です。

何処かでこの悪いルーティンを断ち切らないといけないですよね。

ですから、タウリンを上手に食事もしくはサプリから補給することが大切です。

 

血圧を下げる

また、タウリンには血圧を下げる働きもあります。

 

私たちの血圧が上がる仕組みを2通り紹介します。

①先ず最初は、交感神経が刺激されると、心拍数が増え、血液量が増えて

血管を通る速度が上がるために、血管も縮まり血圧が高まります。

②交感神経から腎臓に指令が飛び(腎臓に作用)、腎臓の働きを制御して結果血圧が上がるのです。

通常腎臓は、体から塩分と水分を取り除くことで血液量を減らし、血圧の上昇を制御しています。

交感神経を抑制するタウリンは、塩分の摂り過ぎによる高血圧の改善に有効です。

 

また、適度な運動は、新陳代謝を促進させ健康的な日常生活に欠かせないものの筈です。

タウリンの摂取と合わせて、疲れにくい体づくりを目指したいですよね。

【タウリンを多く含む食品】としては、100gあたりの含有量:単位mg

 

サザエ 含有量 945~1500mg

トコブシ 含有量 1250mg

ホタテ 含有量 116~1000mg

ミル貝 含有量 638~730mg

ハマグリ 含有量 550mg

などです。参考にして戴ければ幸いです。