食品添加物を扱う人間は、私たちの注意を削ぐためには、あの手この手で騙すもの。

「一括表示」の添加物だけでも、同類項をカッコでくくるようなモノ。

今回は、カッコどころではありません。表示さえしない「表示免除」とはどういう了見なのか?
 

 
 



 

例外の5つの表示免除制度

 
本来、加工食品においては、添加物を含む原材料をすべて表示しなければいけないと、食品衛生法で決められています。

・・・ですが、しかし、次に紹介する5つの場合に限って、「表示免除」という例外ケースが認められているのです。

この「表示免除制度」こそが、添加物がはびこる温床にもなっているわけです。では、順に紹介します。

 

①キャリーオーバー

 
「キャリーオーバー」とは、原材料からそのまま持ちこされる添加物のこと。

たとえば焼肉のたれをつくる際には、原材料にしょうゆを使いますが、このしょうゆに含まれる添加物は表示しなくていい、ということです。

「しょうゆ風調味料」には、多くの添加物が含まれています。ところが、最終製品の「焼肉のたれ」には、しょうゆの添加物の効き目は及ばないから表示しなくていい、ということになっているのです。

だから表示には、ただ一言「しょうゆ」と書かれているだけです。

 

他には、お酒の「酸味料」や「化学調味料」、マーガリンに含まれる「乳化剤」や「酸化防止剤」など、キャリーオーバーは結構いっぱいあります。

 

②加工助剤

 
これは、どんなルールかと言いますと、加工食品をつくる際に使われた添加物のうち、食品の完成前に除去されたり、中和されたりするものは「加工助剤」とみなされ、表示しなくてもいいように成っております。

つまり、「最終的に残っていなければいい」ということなのです。

 

私は、身体のことを気にして、たまにはお昼だからと言ってコンビニ弁当ばかりではと思い、野菜サラダをドレッシングも合わせて購入していました。

ところが、このサラダ。

どうして、こんなに切り口がきれいで、サクサク、パリパリ新鮮なのだろうと、考えるわけです。

 

このカット野菜が長持ちするのは、実は「殺菌剤」(次亜塩素酸ソーダ)で消毒しているからです。

たとえ「殺菌剤」を使っていても、加工工程で使われただけで、製品になったときには残っていない。(本当にそうなのか?)

――そんな理由から「殺菌剤」(次亜塩素酸ソーダ)という表示が免除されるのです。

 

カット野菜の製造現場は、それは凄まじい光景のようです。

「殺菌剤」の入ったプールにカットされた野菜を次々に投げ込んで消毒します。一度ではありません。二度三度と浸けられた、シャキシャキ感を出すために「pH調整剤」のプールにつけられるのです。

健康を気にするから、野菜を取りたいあなたは、今後はコンビニでパックサラダを選ばれるときは、裏面の表示をご確認下さい。
 



 
 

③バラ売りおよび店内で製造・販売するもの

 
これは、皆さんもよく使われるスーパーの惣菜などのバラ売り(包装していないモノ)の加工食品も、添加物の表示は不要です。

 

皿の上にのった魚貝、「詰め放題」として売られているお菓子も、野菜も、ベーカリーショップのパンなども、バラ売りされているものは表示不要です。

また、店内で製造・販売するものも、表示不要になります。ほか弁(持ち帰り弁当や)がこれに当たります。

レストランのメニューもそうです。

 

④パッケージが小さいもの

 
これは、飴やチョコレートの一口サイズのお菓子など、パッケージが小さい場合(30㎠以下)は、原材料を記載しなくてよいこととなっています。

コーヒーのフレッシュもこれに当たります。(袋には7~8種類の添加物が表示されていますが、それぞれの容器ごとには免除されています。)

 

⑤栄養補助剤

 
俗に言う、栄養ドリンクやサプリメントなどで、栄養強化の目的で入れられているビタミン、ミネラル、アミノ酸も表示しなくていいことと成っています。

以上が、5つの「表示免除」です。

 

都合よく、除外ルールを利用して利益を上げるそこのあなた、心は痛くないのですか?政府も他人事のように放置すると、日本は味の分らない子供ばかりに成ってからでは、取り返しが付きません。

私たちの食文化は、舌で受け継ぎたいものです。