三大栄養素のひとつである糖質(炭水化物)。

体育会系にはとても重要なエネルギー源の糖質は、最近では糖質制限などのダイエットでも食事療法の重要なカギです。

しかし、行き過ぎた制限が原因でダイエットの失敗はおろか、命の危険すらあるほど大切な栄養素です。

今回は、糖質(炭水化物)について解説します。

 

最も重要なエネルギー源が「糖質」

糖質は、炭素、酸素、水素が結合した化合物で、体内で二酸化炭素と水に分解されます。

そのときに、1gあたり4Kcalのエネルギーを発生します。

疲れたときやお腹が空いたときに甘いものを食べると、元気になりますよね。
他のどんな栄養素よりも素早くエネルギーをつくることができます。

これが糖質の最大の特徴です。

 

また、糖質は炭水化物から消化吸収されない食物繊維を除いたものを指しています。

ですから、「食物繊維+糖質=炭水化物」というふうに現わすことも出来ます。

炭水化物と聞くとすぐに思い浮かべるご飯もパンも、よく噛むと甘くなって来るのは糖質が含まれているからです。

 

糖質は、その構造から「単糖類」、「少糖類」、「多糖類」に分けられます。

 

単糖類

単糖類とは、もうこれ以上分解できない糖質として最小限の単位です。

単糖類は一般的に甘味が有って水によく解けます。代表的なものはブドウ糖。人間の脳はこのブドウ糖をエネルギーとして機能しています。

朝ごはんを抜くと頭が働かないので、記憶力の低下や、脱力感を生じます。

 

少糖類

少糖類とは、単糖が2~10個結びついた糖類のことを言います。

オリゴ糖や料理に使う砂糖、麦芽糖がこの部類です。

 

多糖類

多糖類は、単糖が10個以上結びついたものを指して言います。

穀類、イモ類、豆類などの植物性食品に多く含まれているデンプンがそれです。

特徴として、水に溶けず甘味は有りません。

 

糖アルコール類

その他には、野菜や果物、キノコ、海藻、ワインや清酒、しょうゆや味噌などの発酵食品に含まれている糖類を糖アルコール類といいます。

 

いずれにしても、糖質はスピーディーにエネルギーに代わってくれますが、

厄介な事に余った分は脂肪に代わって、肝臓や脂肪細胞に蓄えてしまいます。

これが、糖質の性質です。

 

糖質ダイエットは何がキケン?

清涼飲料やアルコール飲料にも、近頃は「糖質オフ」「糖質0%」「カロリーオフ」の文字が商品名の前にくっ付いている商品がたくさん売られています。

健康志向の中高年や意識の高い人は、ダイエットに明け暮れ、いろんなダイエットを繰り返しまたリバウンドの繰り返し。

つまり、糖質オフの飲料を飲むだけでは、ダイエットは成功しないと言ってしまえばそれまでです。

そんな中で、糖質を制限する炭水化物ダイエットも耳にするように成りました。

 

ある勘違いをしている人もあるので、解説しておきます。

糖質制限すると、入ってくるエネルギー源が無くなるので、肝臓に貯めてあった糖質を使って活動(運動)をすることになります。

その糖質には水がくっ付いているから、直後に体重が減るのは体内の水分量が減っているだけです。

決して、体脂肪が落ちたわけではありませんので、ご注意ください。

 

また、糖質の働きを思い出せば想像できると思いますが、糖質が不足すると困るのは、そうでしたね。

ですから、イライラがあなたを襲ってきます。

何よりも、糖質を摂らないと、たんぱく質や脂質の摂取量が増えたりして栄養バランスが崩れます。

食物繊維が不足すると便秘にも成ります。

極端な制限や、まったく食べないでダイエットだからと言ってサウナスーツでジョギングなんてもってのほか。

自己流で糖質ダイエットは命取りです。