わたしは、カレーが大好きなので、ターメリックと聞くとカレーの原料くらいの知識はありました。

カレー粉に使われるウコンは、ウコンの根茎の乾燥品をそのまま粉にしたものです。

ですので、バランス良く色素などをふくんでいます。

そして、経験上、また食生活の中でも長きにわたり、安全性に問題が無いことは明らかです。

 

ウコン色素(ターメリック)着色料/天然?の用途と人体影響

ウコンは、最近では肝臓に良いとされ、その粉が健康食品として売られています。

ですから、安全性に問題は無いと言いたいところですが、ウコンから特定の色素成分を抽出したウコン色素の場合は、これを動物に与えると毒性が現れたのです。

 

まず急性毒性はというと、マウスに対して体重1kgあたりウコン色素2gを口から与えると、半数が死亡します。

数値では急性毒性は弱いながら、確実に毒として働きます。

 

ここで、また動物実験のデータを見てみましょう。

マウスとラットに対して、ウコン色素(ターメリック)を0.2%、1%、5%含むエサを、

103週間自由に食べさせた実験では、

マウスの1%群で肝細胞腺腫あるいは

肝細胞ガンの発生率が明らかに増加し、

5%群では、下垂体腫瘍が増加しました。

また、ラットの5%群では、赤血球やヘモグロビンが減っていました。

 

とても、安全な添加物とは言えません。

では、同じウコンから色素成分を抽出し、凝縮させた工程の中に問題があったとしか考えられません。

もしくは抽出の際に使用した溶剤が残留していることが考えられます。

 

ウコン色素(ターメリック)添加している食品たち

先ず最初に、ハウス食品のサプリ飲料で「ウコンの力」が有名。

ゼリア新薬の「へパリーゼ」には、ウコン色素は使用されていません。

また、チュ-ブでとても便利な、ハウス食品の「特選 生からし」には、ウコン色素が使われています。

おかめ納豆の「極小粒」などのパックされている「からし」も例外なくウコン色素が使われています。

合成では無く「天然」また「オーガニック」というキーワードに、どうしても弱い私たちですが、

違いをよく理解した上で商品選びにお役立て下さい。