最近、特にきれいな女性が多くなった。

今まで、気にしなかったのかもしれませんが、日本人女性は美しい。

年齢不詳の美魔女がそこかしこに・・・

今回は、そんな女性には強い味方のビタミンEについて解説します。

 

美と健康を守るビタミンEの働き

「ビタミンE」は“若返りビタミン“とも”アンチエイジングビタミン“とも言われています。

皆さんもご存知の通り、「活性酸素」が老化の原因ですが、このイケイケの酸素が触れるもの何でも酸化させてしまいます。

ひとたび、活性酸素が細胞を攻撃すると、細胞膜の脂質が酸化して過酸化脂質となり、臓器や皮膚などの老化に繋がります。

 

また、年齢と共に血中の過酸化脂質は増えていくと言われ、腎臓から排泄されずに体に蓄積するというのです。

 

見た目の老化には敏感な女性でも、血管の老化は万病のもとです。この厄介な活性酸素という物質が、原因で頭痛や肩こり、動脈硬化の原因と考えられています。

 

そこで、ビタミンEが登場というわけです。

ビタミンEは「脂溶性ビタミン」として細胞膜に存在し、活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きをしてくれるのです。

しかし、ビタミンEは体内では生成されないので食品から摂ることになります。

 

美魔女はこうしてつくられる

ここまで読むとビタミンEって、何だか良いよね。

特に女性の見方ですよね。

 

繰り返し言うと、ビタミンEは活性酸素の働きを抑えて老化のスピードを緩め、サビ(酸化され)にくい体をつくるのに欠かせないのです。

 

まず、女性ホルモンの生成を助けて生殖機能を保護します。生理不順や生理痛の改善、不妊にも効果があると言われています。

 

そして、いつまでも若々しく、実年齢を見た目年齢がはるかに下回ることもビタミンEの抗酸化作用なのです。

細胞の酸化を防いでくれるから、肌の代謝を促し、シミ予防にもなります。髪の毛の乾燥も防いで、艶々の黒髪が蘇ります。

また、低体温症の女性が多いですが、冷え性を改善するためにもビタミンEは働いてくれます。

 

効果的なビタミンEの摂取には

ビタミンEは、単品で摂るよりも実は体に効く食品の組み合わせがあるので紹介します。

もともと、脂溶性なので油と一緒に摂ると吸収力がUPします。

同じく抗酸化作用の高いビタミンAやビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用も吸収力も高くなることも、知識として覚えておきましょう。

 

そこで、組み合わせによって抗酸化力がアップする食材を紹介します。

トマト(リコピン)+アボカド(ビタミンE)

 

動脈硬化予防には、

クルミ(ビタミンE)+豆乳(タンパク質)

 

血液サラサラに成りたいなら

ゴマ(ビタミンE)+サバ(DHA)

 

疲労回復に良いのは

ピーナッツ(ビタミンE)+ボンレスハム(ビタミンB1)

 

そして、アンチエイジングなら

ウナギ(ビタミンE)+パプリカ(ビタミンC)

 

また、取り敢えずビタミンEを手軽に摂りたい人には、オススメは塩少な目のオーガニックのアーモンドです。

おやつ代わりに、バックに忍ばせるといいですね。明日から貴女も美魔女の仲間入りです。