アンチエイジングとは、世界中の人たちの究極の欲求かも知れません。

若返りたい、機能改善したい。

不健康から健康になりたいなら、日常生活を変えるしかないのですが、現在の西洋医学の対処療法では解決できない。

つまり、人は気付き始めているのですが、一部の利権を持ち続けている人たちの利益のために、執拗に情報を捻じ曲げてきたことが、そろそろバレてきてしまっています。

ですので、人は自己責任で情報を取って、自分の老後をそして健康を選択する必要があるのでしょうか?

今回は、「抗酸化ビタミン」について解説いたします。

 

老化やガンから体を守る

若返りビタミン、アンチエイジングビタミンと呼ばれている「ビタミンE」の記事でも触れましたが、「抗酸化ビタミン」とは“活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つビタミン”のことを言います。

 

代表的なのがビタミンA、E、Cです。

ただ、抗酸化作用を持つ栄養素は、ビタミン類だけではなく、ポリフェノール類やミネラル類にも存在します。

 

ここで、抗酸化力について再度確認しておきます。

抗酸化力とは、活性酸素を抑える力です。

そこで活性酸素とは、酸化させる力が強い物質で臓器や皮膚などの老化や、また免疫力を低下させて、ガンや動脈硬化、生活習慣病を引き起こす原因になります。

 

そして、その活性酸素を発生させる原因となるのは、タバコ、ストレス、長時間紫外線に当たったり、過度な運動をし続けたり、脂肪を取り過ぎたり、アルコールの飲み過ぎなどです。

実は、無理なダイエットも原因なのかもしれません。その他にも、現代社会には多くの要因が転がっています。

 

人の体内では酵素がつくられ、酵素によって人は活性酸素を抑えているのですが、年齢を重ねるとその酵素をつくれる量が減ってくるのです。

ここで、抗酸化ビタミンの登場です。

 

活躍する抗酸化ビタミンは、酵素によって処理しきれない活性酸素の働きを抑える「抗酸化物質」のひとつなんですね。

 

抗酸化物質には、ビタミン意外にもあります。

活性酸素の発生そのものを抑えるもの、活性酸素の酸化力を抑えるもの、また活性酸素によって受けた被害を修復するものなど、働き方を少しづつ変えてお互いを助け合っているのです。

 

抗酸化力アップの食品の組み合わせ

組も合わせによって抗酸化力がアップするとすれば、知っておきたいのはビタミンACEです。

まずは、ビタミンACEとは、抗酸化力の高いビタミンとして名高いのが脂溶性ビタミンのビタミンAとE、そして水溶性ビタミンのビタミンC。この3つを総称して「ビタミンACE=ビタミンエース」と呼んでいます。

 

この3人のビタミンは、ビタミンの中では美人トリオとしても有名です。それぞれ老化防止、美肌効果の力をたっぷり持っています。それに、単独でいるよりも一緒に仲良くすることで相乗効果が出てきます。

 

ビタミンCはビタミンEが活性酸素を簡単に取り除けるようにサポートでき、また、3つを一緒に摂れば美肌効果は2~3倍になるのです。

 

抗酸化力アップの食品の組み合わせを紹介しますと、たとえば、カボチャに含まれるビタミンEは小松菜のビタミンCと一緒に摂ると、抗酸化力が長く持続します。

 

ビタミンAをとくに多く含む食べ物は、ホウレン草、モロヘイヤ、カボチャ、ニンジンなど緑黄色野菜と動物性食品、ビタミンCは野菜や柑橘類、そしてビタミンEはアボカド、魚卵、ナッツ類、オリーブオイルです。

 

脂溶性、水溶性の性質を知って上手に吸収できるように調理し、一緒に摂取することが老化やガンから体を守ることになるのです。