それは、ロスチャイルド家が1910年にジョン・D・ロックフェラー2世の義父にあたるルネソン・オールドリッチ上院議員を、ポール・ウォーバーグとともに秘密の会議に送り込み、いまや連邦準備制度と呼ばれるアメリカ合衆国中央銀行の構想を書かせたのが始まりとされます。

そもそも中央銀行には紙幣を印刷する権限が政府から与えられているため、ロックフェラー家は

、このペーパーマネーを使って1914年までに米国全土の医者たちを完全に掌握したのです。

 

彼らは米国の医療を、ナチュロパシー(自然療法)やホメオパシー(同種療法)から

無理矢理にアロパシー(対処療法)へと変更した。

アロパシーとは、ロスチャイルド家が発達させたドイツの医療制度です。

 

封じ込められた栄養学から医療まで

自分たちの利権を守るために、闇勢力(ロックフェラー財閥)が抹殺弾圧したものは数多くありますが、

学説や学問を見て行こう。そこに真理が眠っています。

ヒポクラテス理論:

「イスラエル全土で病院がストをしたら、同国の死亡率が半減し、病院が再開したらもとに戻った。」

ヨガ理論:

「断食は万病を治す妙法」は、ヨガの根本教義です。

この真実が広く知られると、みんなファスティング(断食・小食)で病気を治し、誰も病院に来なくなる。

そこで、古代ヨガの叡智も学問もメディアから封印したのです。

現在では、ペンタゴンやNASAですら、兵士や宇宙飛行士の訓練に、

古代ヨガ呼吸法を必須カリキュラムとして取り入れています。

つまり、これは米政府が現代医学や生理学を見限っていることの何よりの証です。

 

食事療法:

「食」は万病を防ぎ、万病を治します。

玄米生食(マクロビオテック)、食養、ベジタリズム(菜食主義)は弾圧されても、

広く世界に浸透しています。

あのロックフェラー一族が、ベジタリアンだそうですから・・・

 

ホメオパシー:

ロックフェラーや英国王室などフリーメイソン中枢一族は全員、

「クスリは絶対に飲まない」「医者は身近に近づけない」そうです。

彼らが、病気のときにかかるのが、ホメオパシー医師なのです。

自分たちで弾圧していきながら、こっそりかかるのはズルイですね。

 

鍼灸治療:

東洋医学の真髄です。

日本では、柔道整復師がオリンピック選手団の専属トレーナーとして、各選手のケア―に対応しています。

 

気功療法:

「気」エネルギーを患部に流し込む治療法です。

欧米では、効果が広く認められ保険適用です。

 

波動療法:

ドイツで独自に生まれた療法です。

人体に低周波の波動を当てると、激的に治療効果が上がります。

 

AWG波動療法:

日本の研究者が開発した波動療法です。

 

ベッカー理論:

米国のロバート・ベッカー博士が確立した「電気医療」理論です。

傷を負った体細胞は、神経ネットワークの一次治癒電流刺激で、いったん万能細胞に戻り、二次電流による其々の周波数に応じて、万能細胞は各体細胞にフィードバックしもとどおりに完全治癒します。

 

 

ソマチッド理論:

フランスの生理学者ガストン・ネサンは、超高精度顕微鏡で赤血球の1000分の1以下という微小な生命体を発見し、これをソマチッドと命名しました。ソマチッドを活用した治療法で患者を救う日が来ると良いです。

 

元素転換理論:

フランスのルイ・ケルブランは、生体内で元素が転換していることを付きとめ、論文を発表しました。

葉っぱのカリウムが、カルシウムに元素転換した「鶏と卵」の命題を解明できるのはケルブランの「元素転換理論」だけです。

 

カントンの犬:

フランスの生物学者ルネ・カントンは、愛犬の血液を全て抜いて、海水を薄めて入れ替える実験を成功させました。

輸血の必要性が崩れました。

 

プリオン仮説:

「狂牛病」の病原体は、タンパク質だった・・・。

それは、プリオンタンパク質と呼ばれ、DNAが無いのに増殖する。

つまり、タンパク質がDNAを合成すると言う事実を証明しているのです。

 

 

STAP細胞:

「リンパ球が体細胞に変わる現象を小保方さんは見たのです。STAP細胞はあります。」

理化学研究所に生物特許を取らせたくない闇の勢力が糸を引きました。

彼女は第一発見者です。

 

以上の事実を、学会もメディアも黙殺です。

闇勢力のプレッシャーには逆らえなかったのです。