医療の現場では何が行なわれているのか?

日本の医療と病院を過信しすぎです。病院だから安心だということは、無いのかもしれません。

にもかかわらず、私たちはいとも簡単に医師のススメを聞き入れ、任せてしまう。

大切な自分の親や身内の死を受け入れてきた経験からも、死から目を背けてきたようなところが有るのかもしれません。

今回は、手術時に行なわれる麻酔について解説します。

 

麻酔死は年間2500人にもおよぶ

 
生命保険会社の常識、「全身麻酔を1回やれば寿命が6年縮む」は、かなりショッキングな事実です。

麻酔が原因で手術中に亡くなる人は10万人に1人。ただし、これは医療機関から報告された数値です。

副作用事故を報告する"正直な“医師は、100人に1人以下といわれます。つまり、麻酔の犠牲者は10万人に100人を超えることとなります。

年間に行なわれる「全身麻酔」手術は、約250万件。

単純計算すると麻酔による死者は、年間2500人超という数字になるわけです。

 

これは、あくまで術中の死亡者です。

麻酔が原因で術後に亡くなったり、全身マヒなどの後遺症に苦しむ確率は、さらに高まります。

 

事例を紹介します。

・事例1:2011年、宮崎県で80歳の女性が、脊椎の手術後に植物人間状態に成った。

・事例2:2010年、兵庫県で30代男性が「全身麻酔」による低酸素脳症で死亡した。

・事例3:2007年、都内74歳男性は動脈瘤手術の「全身麻酔」で寝たきりに成った。

この男性は、麻酔が覚めると「頭が痛い」としきりに訴え、退院後自宅に戻っても、1日中頭痛を訴えつづけ、やがて寝たきりとなった。手術から1ヶ月ほど経った夜中に、意識を失い救急車で搬送されたが医師に「手遅れ」と言われ、脳溢血で3日後に死亡した。

 

親族が最初に動脈瘤の手術をした脳外科医に「ひどい頭痛の原因」を問いただすと、「恐らく、麻酔が深く入り過ぎた」と頭を下げたそうです。

 

こんなこと、あってはならないことじゃないのです。

あっても、仕方が無いことなのです。なぜかというと・・・

 

なぜ麻酔が効くかさえ、医師は判っていない

 
恐ろしい話ですが、麻酔医でさえそもそも、麻酔薬でどの様にして麻酔がかかるのか?

現代医学は、その作用するメカニズムすら「わかっていない」というのです。

信じられません。

あなたもそんな医師たちに、頭を下げて、家族の手術をお願いしていた一人かもしれません。

 

もっと言うと「なぜ、麻酔薬を投与すると、人は意識や感覚を失うのか」という事さえ、未だに解明されていません。

あなたは、耳を疑いたくなるはずです。

 

医師たちは、「今まで効いてきたから、大丈夫だろう」という経験則で麻酔を使っているだけです。ですので、患者さんが死亡という重大事故も、真相は永久に分らないはずです。

 

麻酔専門医は、自分の所為だとは考えていないようです。

なぜなら、「なぜ、効くか分らないモノ。どうして、事故が起きたときの検証など出来ましょう。つまり全身麻酔の事故は今後も防ぎようが有りません。」

これが、彼らの理論です。

 

高齢者、喫煙者、心肺機能が弱い人は、特に気をつけましょう。

そして、熟達した麻酔医がいない病院は要注意です、生きて帰れないことが有るかもしれません。危険過ぎます。