世の中には、意味が分らないことや、誰の仕業かと疑いたくなるようなことが沢山あります。

この増粘多糖類にも「えっ?」と思うルールが存在します。

今回は、増粘多糖類について解説します。

 

増粘多糖類の使用物質と使用されている食品たち

糊料つまりノリのことです。天然素材を利用して作られています。

樹皮、海藻、豆、細菌、酵母などから抽出された粘性の多糖類を増粘多糖類といい、食品に粘りやトロミをつけたり、ゲル状に固めるために使われます。

ドレッシングやしゃぶしゃぶのたれ、スープ、果実飲料、乳飲料、ソース、ゼリー、デザート食品など実に多くの食品に使われています。

 

増粘多糖類は、以下の通りです。

アウレオバシジウム培養液、アグロバクテリウムスクシノグリカン、アマシードガム、アラビノガラクタン、アラビアガム、アルギン酸、ウェランガム、エレミ樹脂、カシアガム、ガティガム、カードラン、カラギーナン、カラヤガム、カロブビーンガム、キサンタンガム、キチン、キトサン、グァーガム、グァーガム酵素分解物、グルコサミン、酵母細胞壁、サイリウムシードガム、サバクヨモギシードガム、ジェランガム、タマリンドシードガム、タラガム、デキストラン、トラガントガム、トロロアオイ、納豆菌ガム、微小繊維状セルロース、ファーセレラン、フクロノリ抽出物、プルラン、ペクチン、マクロホモプシスガム、モモ樹脂、ラムザンガム、レバン。

 

プッチンプリン(グリコ)やコーヒーゼリーなど、子どもの大好きなおやつに増粘多糖類(ゲル化剤)が使われています。

少し、意外だったのは、マヨネーズ「キューピーハーフ」は、卵と酢で出来ていると思っていましたが、増粘多糖類が使われている商品もあるということです。

 

増粘多糖類のおかしなルール

上記しました増粘多糖類の物質1つを、商品に添加された場合、物質名が表示されます。

当たり前のことです。

 

例えば、アラビアガムが添加されれば、「増粘多糖類(アラビアガム)」と表示されます。

ところが、アラビアガムやグァーガムなど2品目以上添加した場合、なぜか「増粘多糖類」という略称表示で良いのだそうです。

 

つまり、具体的に何が使われているのか分りません。

全く、おかしな話なのですが、これが現実なのです。

増粘多糖類の中で、カラギーナントラガントガムなど、いくつか問題のあるものがあります。

 

このままでは、カラギーナンやトラガントガムが使われていても消費者には分りません。

やはり、すべて物質名を表示するように制度変更すべきです。